Categories
Uncategorized

-オンラインブランドショッピングの今後の展開方向は。

オンラインショッピングモール「バラン」チェ·ヒョンロク代表

海外ブランドのオンラインショッピングプラットフォーム「バラン」は昨年、メガインベストメント、SBIインベストメント、ウィベンチャーズ、コーロンインベストメントなどから総額100億ウォン規模の投資を受けた。 「流通構造革新とIT技術を通じて名品ファッション市場の問題を解決するプラットフォーム」というのが投資の理由だった。 成長を続けているオンライン名品ショッピングプラットフォームの代表が見たMZ世代の特徴と消費性向は何だろうか。 バランの崔亨録(チェ·ヒョンロク)代表(34)と電話で会った。

–バランを好んで訪れるMZ世代ユーザーの割合はどれくらいか。 「2020年基準で70%だ。 特にモバイルユーザーが94%だが、そのうち最新型アイフォーンを利用するユーザーが76%だ。 デジタル環境に早くそして慣れたMZ世代が核心消費層という証拠だ。 パソコンサイトは閉鎖し、モバイルだけに専念すべきか悩んでいる」。

オンライン上のブランドショッピングプラットフォームが成長の勢いを見せている 「新しい消費主体に浮上したMZ世代のニーズをよく反映しているからだ。 ブランド品がコマースを始めるようになったきっかけも私も大学生の時からブランド品に関心が高かったが、オフライン売場と海外直購がいろいろと不便だったからだ。 ブランド別の売り場をすべて回らなければならない上、希望するアイテムを一ヶ所で集めることもできず、価格も高すぎた。 ヨーロッパの編集ショップで商品を購入する過程をこのコマースで解けばどうかと考えた。 アマゾンが初めて本として事業を始めたのは本の流通がしやすいからだったが、ブランド品も同じだ。 供給網を突破し、商品DBだけを一元化して安価に販売すれば、やってみる価値があると判断した」。


どうやってオフラインの売り場より「低価格」が可能なのか。 「流通効率性を高めれば消費者を調整することができる。 バランは600あまりの海外ブティックとつながっている。 ブティックはブランド品の卸売権限を持つ販売業者で、ブランド品全体の66%を占めている。 これらが提案した供給価格を基準に消費者を決めるが、레플리카 現在韓国の基準は欧州現地より10-20%割引された価格だ。 このような価格設定が可能な理由は、他のベンダーや流通会社を経由しないためだ。 では、ブティックはなぜ、バランに協力的なのか。 データ基盤のERP(資源管理システム)を開発し、彼らと共有しているためだ。 意外にも手書きが一般的なヨーロッパのブティックが商品·顧客管理、在庫連動、返品·交換、配送·発注·入庫など統合管理システムを直接開発するには時間と費用がかかるが、それを私たちが解決してくれたのだ」。


顧客はどんな便利さを得るのか。 「既存のブランド品オープンマーケットは単純な仲介の役割にすぎなかったため、物品販売による問題解決と交換·払い戻しなどを消費者が直接解決しなければならなかった。 海外直接購入も言語障壁、退屈な交換·返品過程、関税賦課問題などが消費者の役割だった。 しかしユーザーはこうした問題に気を使う必要はない」。


-オンラインブランドショッピングの今後の展開方向は。 「昔は名品を所有することで価値を感じたが、今では名品も’レント’する概念に慣れたようだ。 特にMZ世代の間では、「5万ウォン分だけ着て再び売る」という考えが自然に受け入れられている。 こうした動きは長期的にブランド品市場に活力を吹き込む良いトレンドだと思う。 今、私が着ていたブランド品を早く売って 新しいブランド品を買って着るから。 そのため、ブランド品市場とともにリセル市場(中古市場)も共に大きくなり、これもまたオンラインで流通するだろう」。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다