Categories
Uncategorized

色はレッドラベルの時と大きく違わないように見えます

ウイスキーの伝統宗主国としてはスコットランド、アイルランドが挙げられますが。 これは、通常気温が低く、湿度の高い地域でウイスキーがよく熟成すると考えられていたからなんですよ。 長く熟成させるためには原液の蒸発量が少なくなければならないのですが、こうした地域で熟成されるウイスキーは、1年に蒸発する原液が1~2パーセント程度だそうです。 だから亜熱帯気候の台湾などではウイスキーをつくるのは難しいだろうと思っていたようです。 しかし、その大変なことをまたやり遂げます。 カバランで!
KABALANというブランドを製造したのは、台湾のKINGCAR(金車)GROUPです。 韓国人にはミスターブラウンコーヒー(Mr.Brown)ブランドで認知度のある会社のようです。 台湾に来たら一度は行ってみる… また、カルフールでミスターブラウンで作ったミルクティーを買って来たりもします。
このキングカーグループで2005年に宜蘭県に台湾初の蒸留所はキャバランを作りました。 亜熱帯気候でウイスキーを製造するということは可能か? という考えをカバランは覆して考えたようです。
上述したように、ウイスキーが長い熟成期間を保つためには、熟成するウイスキーで蒸発するお酒の量、別名Angel’sShareが1年に約2パーセント程度が適当だと考えていたのです。 しかし、これは伝統的なウイスキーが、셔츠룸 12年、15年、30年という長い熟成を前提にしていたときの話だと思います。
亜熱帯後である台湾では、1年に15~20パーセントのウイスキー原液が蒸発して、伝統的なウイスキーのように長い年月の熟成ができないのです。 その代わりスコットランドやアイルランドでは30年かかる熟成が、台湾では5~6年あればよいとカヴァランでは話しています。 そのためカバランは熟成年数を別途表記せずにいます。
最初はこんなカバランをあざ笑ったのかもしれませんが、近年ではウイスキーを求める人が増えてきてから熟成したオーク樽が徐々に底をついてきたのか、伝統的なウイスキーについても熟成年数を表記しないことに賛同しているようです。 それから、ウイスキーの味は熟成年数だけに影響されるわけではないのですから。 どんな穀物で作ったのか、発酵、蒸留方式、どんなオーク樽で熟成するのかなどが実際より重要なのです。
まずカバランという名前は、現在ディスティラリーがあるイランの昔の名前と、ここに住んでいた土着民であるカバラン族にちなんで命名されたそうです。
カバランは現在320以上の賞を獲得しているそうですから、世界的にも認められているようです。 韓国でも2017年からゴルンブルーから輸入、流通していますが、2019年には昨年比販売量が71%成長し、人気を博しています。 どうやら私も、何本も買った小容量のキャバランディスティラリーセレクトのおかげではないかと思います。 イーマートで販売していますが、200mlの小容量なので価格を気にせずにおぶってこれるのです。
最初に香りを嗅いだときは、レッドラベルに比べてアルコールの香りが非常に薄く、バニラだけでなく甘い果実の香りがしていたようでした。 香ばしくて柔らかいんですよ。
テイスティングする時もとても柔らかく包み込みながらもう少し長く留まったらその時になってスパイシーさがそっと上がってきました。
飲み込んで残響を感じるときはレッドラベルに比べて少しマイルドなスモーキーさがありました。
鼻から来ることはあまりなかったですが、口の中に適当に残っていましたね。
まだウイスキーを3種類しか食べたことがなく、香りも表現できないです。 ただ感じるままに、ということですが、個人的にはこれまで食べたものの中ではブラックラベルが一番美味しかったです。 レッドラベルとジェイムソンの仲でした。 レッドラベルは、もう少しスパイシーに楽しみたいとき、ジェイムソン·アイリッシュはやさしく手軽に楽しみたいときなら、ブラックラベルはいつ飲んでもおいしそうでした。 確かにウイスキーによって香りも味も違うので楽しみがありますね。 好きなウイスキーを一つ見つけたようで 気分がいいです

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다